2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.02.19(Tue)

MSIのGTX660搭載グラフィックボードを購入!!

S110000222.jpg
上がHD5750 下がGTX660

やっと買いました・・・
ずっとBF3をやっているときに「照準が追いつかない」「撃ちあいで勝てない」等の愚痴をこぼしながらやっていましたが、遂にグラフィックボードを買う決心をして買いました!

グラフィックボードはMSI N660GTX Twin Frozr III OCで、値段は21000円ほどでした。
性能は今までのHD5750と比べて約三倍です。
BF3は最高設定でも平均fpsが60fpsほどで快適です。(常に60キープするなら高設定かな)
Crysis2でもウルトラ設定でテッセレーションの効き具合を見ながらプレイすることもできました。
他にもさまざまなゲームで快適にプレイできるようになりました。

消費電力は60Wほど上がってしまいましたが、アイドル時の消費電力が9Wほど下がりました。
さらに高性能なグラフィックボードなのに下がるとは驚きました。

詳しいレビューは動画にしましたのでぜひご覧ください。





スポンサーサイト
00:37  |  PC関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.09.30(Sun)

過去に自分が壊したSSDの使用法を振り返る

SSDが壊れたときの状況を詳しく説明していなかったのでここでしっかりと振り返ってみる

2011年10月
BF3のためにPCを新調。そのときにM4の128GB(実容量は119GB)のSSDを購入。
HDDを持っていたが動作音が気になったので、普通に使えば壊れないと言われていたこともあり、重要なデータ以外は全てSSDで運用。
そしてOS、ゲーム、ソフトウェア等を入れて空き容量は59GB程度(使用容量は60GB)になった。

詳しく書くとOSが25GB、BF3が12GB、BF2が8GB(MODも含む)、Oblivionが5GB程、とあるレースゲームが8GB、必要なソフトウェア(ドライバー含む)が2GB程。
計60GB程でちょうど半分となった。
※BF3の容量はアップデートにより増えていくので当時の容量は曖昧です。

2011年11月
最初は半分だけ使用していたが速度の低下が無かったので、3分の1ぐらい残せば大丈夫だと思い色々なゲームをsteamからダウンロード&インストール(20GB空きは40GB程になった)。

2011年12月~
ここからゲームをインストールしては空き容量が厳しくなり次第、削除の繰り返しを繰り返す。
10GB入れたら10GB消し、20GB入れたら20GB消し・・・を繰り返す。
これにより容量の半分に極端に負荷がかかり始めたと思われる

20012年1月16日
SSDのファームウェアを0309へ更新する。
これで5,184時間問題の可能性は無いはず。

2012年2月~3月
BF2のMODのProjectRealityを長時間プレイするとブルースクリーンが発生。
表示された画面からメモリー関連のトラブルと判明し、memtestをしてみるも問題なし。

2012年3月5日?
Minecraftを購入。
Minecraftで水中にもぐるとかなり高い音(キーンって感じ)をSSDから発生することに気付く。

2012年7月11日
SouceFilmMakerの必要容量を見間違えそのまま入れたら空き容量が一時4GBになった。
あわてていつものようにひとつゲーム(10GB)を削除。
そのとき念のためにCrystalDiskInfoとMarkを使って確認してみたが「正常」と表示され、速度もReadが490程度で変わらなかった。

2012年7月13日
とあるゲーム(10GB程)を貰う。いつものように適当なゲーム(10GB)を削除した。

2012年7月16日
256GBのSSDを買おうかと模索し始める。

2012年7月17日
猛暑が続く中、この日の最高気温は32℃、室温は36℃を超えていた。
家に着きいつも通りPCのスイッチをつけると、いつもと同じように高速に起動する。
そしてデスクトップが表示された瞬間、反応が無くなった。

一般的には「普通に使っている分には壊れない」と言われるSSDですが、どうやら私にとっての普通は普通ではなくかなりハードな使用方法のようでした。壊れた原因の推測は書き換えの頻繁な60GBの部分で何度もゲームをインストールとアンインストールを行ったため。一部分に極端に負荷がかかったため壊れたと考えている。

現在はPX-256M5Sを使用しており、メモリー問題と思われていたブルースクリーンも無く、SSDから聞こえる高い音も無く、空き容量も半分以上(140GB)とっていて快適です。

この体験から私はSteamなどの容量を喰うゲーム管理ソフトはHDDにインストールしました。
SSDの寿命を長くするためにTEMPフォルダやブラウザのキャッシュをRADディスクに移動する方法がありますが、私のようにインストールと削除を繰り返すほうが遥かに負荷がかかります。私のようなヘビーユーザーの場合はまず大容量なゲームをしっかりと管理しなければ意味がありません。ただしよくプレイするBF2とBF3だけはSSDへインストールしています。あとダウンロードしたファイルを一旦HDDに保存するようにして、負荷を分散するようにしました。

自分の中ではSteamでゲームを30本ほどしか持ってないのはPCゲームユーザーとしては普通、むしろまだまだ未熟と考えていたため『自分は普通』と思い込んでいました。しかしよくよく考えてみれば一般的なユーザーはSteamをインストールしているだろうか?ゲームをしているとしても数本だけではないだろうか?というか普通の定義はどこ?ゲームをせずオフィスと動画を見るくらいの人ではないか?と『普通』という言葉の曖昧さに悩みました。

事の発端は主観的な判断による決め付けにより、客観的な判断が疎かになったのも原因ではないかと思われます。

最近のSSDは容量単価がさらに安くなり、256GBモデルを購入すればほとんどのユーザーで問題が起きないでしょう。

SSDを導入している人は今一度自分の使い方が『普通』『一般的』『ノーマル』なのか良く考えてみてください。

テーマ : 自作パソコン - ジャンル : コンピュータ

14:35  |  PC関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.20(Fri)

SSD壊れた(´・ω・`)→SSD買った(`・ω・´)

ssdtati.jpg
左がPlextor PX-256M5S 右がCrucial m4 CT128M4SSD2

この数日間いろいろあったので順を追って説明していきます。

7月17日
家に帰りPCの電源をつける。しかし画面がフリーズする。強制的に再起動すると今度はOSの読み込みでフリーズ。さらに再起動をすると「何かBootできるもの入れろゴルア」的なメッセージが表示。
きっとSerial ATAのケーブルがおかしくなったに違いないと思って交換するも変わらず。電源供給のケーブルがおかしいと思って交換してみても変わらず。他のPCに変えれば大丈夫に違いないと思い他のPCで試すも…orz

7月18日
SSDが壊れた原因を考える。結論は私がデカイゲームをインストールしては削除して、やりたくなったらまたインストールして削除して・・・を繰り返しており、また空き容量が常に少なかった(空き20GBほど)ために一部分に負荷がかかり壊れたということになった。他にはSSD自体から音が出ることがあったので初期不良があったという説、マイドキュメントをHDDに移していなかったり他にもSSDを導入したときにするべき設定をあまりしなかったことが原因ではないかという説などがあります。ちなみに使用時間は3500時間程度で壊れたのでm4特有のバグではないようです。
そして次に何を買うかを相談し、Plextor PX-256M5Sに決定し即座に注文した。そしてWindows8リリースプレビュー版を古いHDDに入れて遊ぶ。

win8.jpg

7月19日
SSDが届かないのでWindows8リリースプレビュー版でさらに遊ぶ。操作はスマホ寄りになり、使いづらかったが、セキュリティ対策が最初から搭載され、起動速度が速くなったりと良いところもあった。

7月20日
SSDが届き早速組みこんで必要なものを詰め込む。そして今に至る。

とりあえずOSとドライバー関連を入れた状態でのCDMの結果を載せておきます。
px-256m5s.jpg
読み込み速度は変わりませんが、書き込み速度が400近くと前のSSDよりも2倍速いです。

まだゲームは入れていないのでどう入れていくか考え中です。

テーマ : 自作パソコン - ジャンル : コンピュータ

23:48  |  PC関連  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2012.07.16(Mon)

256GBのSSDをリストアップ

crucial_m4_ssd_angle_12.jpg

現在Crucial m4シリーズの128GBモデルを使っているのですが、
やはり最近のゲームをインストールするとSSDの容量が不足してしまいます。
先日SouceFilmMakerというソフトを入れたときに空き容量が残り4GBとなってしまいました。
動画や音楽、画像はHDDに入れているのですが、一番容量を占めているゲームはHDDに入れたくありません。
SSDだとゲームのロード時間がものすごく短くてもうHDDには戻れそうにありません。

そこで新しく256GBのSSDを買えばいいじゃないかということで、
良さそうなSSDをいくつかリストアップしていきます。

Crucial m4 CT256M4SSD2
m4 256
もはや定番となったCrucialのm4シリーズ。
書き込み速度は微妙だが読み込み速度が速い。
256GBでは128GBモデルよりも書き込み速度が速く、GB単価は最も安い。
フォーム更新が多く、速度アップ、バグ修正されることがある。
読み込み速度:490MB/s 書き込み速度:280MB/s 値段:16000円程度

ADATA ASX900S3-256GM-C
adata900256.jpg
Crucialに次ぐコストパフォーマンスが高いSSD。
書き込み速度は速いが読み込み速度はやや遅めである。
可もなく不可もなくといったところだろうか。
読み込み速度:480MB/s 書き込み速度:330MB/s 値段:16000円程度

サムスン 830シリーズ MZ-7PC256B
MZ-7PC256B.jpg
あまり注目されていないが値段の割りに高性能。
末尾にITの付くものは保障が充実している。
通常SSDの厚さが9mmの所、このSSDはウルトラブックでも搭載できるように厚さが7mmになっている。
読み込み速度:500MB/s 書き込み速度:410MB/s 値段:18000円程度

PLEXTOR PX-256M5S
px_m5_031.jpg
Prextorの廉価モデル。
保障期間が短くなり、マウンタが無くなったりと随所にカットされた部分がある。
しかし読み込み書き込みともに性能が高く、値段相応の性能がある。
読み込み速度:510MB/s 書き込み速度:390MB/s 値段:19000円程度

PLEXTOR PX-256M3P
px256m3p.jpg
おそらく現行のSSDでトップクラスの速度を持つSSD。
速度が速く、最強を求める人にはオススメ。
フラッシュメモリーには東芝製のものを塔載しており安心。
通常SSDの厚さが9mmの所、このSSDはウルトラブックでも搭載できるように厚さが7mmになっている。
値段が高めだがその分の価値がある性能と安定性を兼ね備えたSSDである。
読み込み速度:520MB/s 書き込み速度:420MB/s 値段:24000円程度
※ファームウェア1.00と1.01で速度がかなり変わるらしい

とりあえずこれぐらいでしょうか。
PX-256M3Pが一番良いのですが値段が高いのでそれ以外の上に挙げた4製品が候補になるでしょう。
あとはGB単価の安いm4とADATAか、性能が高い830とM5Sのどちらかに分かれます。
どちらでも今のm4 128GBよりは性能が上がるので問題は無いのですが、どうも悩んでしまう。
すごく急いで欲しいわけではないのでゆっくりと考えていきます。

※注意
今回掲載した速度の数値は様々なサイトのCDMの数値を参考にしています。
空き容量やPCの環境、ファームウェアによっては速度が変わるのであくまでも目安程度に見てください。
因みにIntelのSSDも載せようと思ったのですが特に利点が無いので載せませんでした。

テーマ : 自作パソコン - ジャンル : コンピュータ

15:30  |  PC関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.03.22(Thu)

NVIDIA Geforce GTX 680のレビューまとめ

gtx680_1.jpg


本日22時に発表されたGeForceGTX680のレビューをまとめてみました。
グラフィックボードの購入を考えている人は見ておくといいかも。
※急いで書いたのでここに書いたレビューが全てではありません。後ほど更新するつもりです。

日本語のレビューサイト
4Gamer
28nm世代のGK104コアを搭載し,「扱いやすい史上最速GPU」に
新世代GPUで性能面のポイントとなる「GPU Boost」とは何なのか

Impress Watch
アーキテクチャを刷新したハイエンドGPU 「GeForce GTX 680」レビュー

日経
GeForce GTX 680をテスト、最速の座を奪還

ITmedia
さすがカン&クリ! ブッ飛んでるね!──「GeForce GTX 680」で“Keplerの主張”を確かめる

ASCII
ついに現れた「GeForce GTX 680」は最強GPUを名乗れるか?
HD7970に完全勝利!やっぱり『GeForce GTX680』はすごかった!

マイナビ
「NVIDIA GeForce GTX 680」徹底攻略 - 最強候補のKepler世代GPUを完全検証

ドスパラ
GeForceの最新製品「GTX680」を徹底検証

価格.com
初のKepler採用GPU「GeForce GTX 680」でNVIDIAの本気を見た!



英語のレビューサイト
TechPowerUp
NVIDIA GeForce GTX 680 Kepler 2 GB

Guru3D
Geforce GTX 680 review

AnandTeck
NVIDIA GeForce GTX 680 Review: Retaking The Performance Crown

HEXUS
Review: NVIDIA GeForce GTX 680 2GB graphics card

tom's hardware
GeForce GTX 680 2 GB Review: Kepler Sends Tahiti On Vacation

HOT HARDWARE
NVIDIA GeForce GTX 680 Review: Kepler Debuts

VR-Zone
ASUS GTX 680 2GB Overclocking Review: Win Some Lose Some

TheTeckReport
Nvidia's GeForce GTX 680 graphics processor Kepler aims to do more with less

Legit Reviews
NVIDIA GeForce GTX 680 Video Card Review

tbreak
Nvidia GTX 680 Review

over clockers club
NVIDIA GTX 680 Review

bit-teck
Nvidia GeForce GTX 680 2GB Review

HARD WARE HEAVEN
NVIDIA GeForce GTX 680 (Kepler) Graphics Card Review

Overclock3D
nVidia GTX680 Review



価格比較サイト(coneco.net)での個人レビュー
ししさん
GTX680を2500Kで試す(ZTGTX680-2GD5NVTR001/ZT-60101-10P)

ぜらちん風味さん
2枚買ったった GTX580 SLIからの乗り換え

よーたんさん
理想的な成長を遂げたGeforce GTX 680
Geforce GTX 680 2Way-SLI完成

ikkiさん
待ちに待った680

etherさん
GTX570から乗り換えです



今回のGTX680はゲームでの性能で前モデルのGTX580を超えており、またライバルのHD7970と比較してもほとんどの場面で上回っている。BF3においてはより差が開き、最高設定で平均fpsが60を超えるという驚異的なスコアだ。最高設定を求めるBF3ユーザーには一見の価値ありだ。
また製造プロセスが28nmと微細化したため消費電力が低くなった。しかもその消費電力が低消費電力が特徴であるRadeonHD7970よりも低いのだ。性能が高くて低消費電力すごすぎる。
熱と騒音はある程度あるがハイエンドクラスのグラフィックボードでは仕方ないことで、オリジナルファンモデルを買えば解決されるので問題はないだろう。
気になる値段は55000円から70000円と値段も驚愕だ。GTX580の値段は35000円から45000円程度なのでもう少しこなれて欲しいところ。
ただ今回のレビューでは在庫が足りなくなることが間違いないので、通販等で手に入れるには1~2ヶ月かかるかも。
何にせよ今回のGTX680はすごいの一言。
今後はGTX680よりも性能の高いモデル、扱いやすいミドルクラスのものが発売される可能性が高いので、NVIDIAの今後の動向に注目だ。
ちなみに今回のGTX680はGK104というコアから作られたのだが、NVIDIAはそれよりも性能が高いGK110というものを開発中なのでGTX680よりも性能の高いGPUが出るかもしれません。

そしてRadeonへ
早くまともなドライバを出すんだ。そしてHD8000でがんばれ!



3月23日21時頃
本文の最初ががRadeonHD7870/7850になっていたのでGTX680に訂正しました。
ITmedia、VR-ZONE、TheTeckReport、PCGamesHardwareのレビューを追加しました。

3月23日23時頃
Legit Reviews、tbreak、over clockers clubなどのレビューを追加しました。

テーマ : PCパーツ - ジャンル : コンピュータ

22:46  |  PC関連  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。