2012年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.09.30(Sun)

過去に自分が壊したSSDの使用法を振り返る

SSDが壊れたときの状況を詳しく説明していなかったのでここでしっかりと振り返ってみる

2011年10月
BF3のためにPCを新調。そのときにM4の128GB(実容量は119GB)のSSDを購入。
HDDを持っていたが動作音が気になったので、普通に使えば壊れないと言われていたこともあり、重要なデータ以外は全てSSDで運用。
そしてOS、ゲーム、ソフトウェア等を入れて空き容量は59GB程度(使用容量は60GB)になった。

詳しく書くとOSが25GB、BF3が12GB、BF2が8GB(MODも含む)、Oblivionが5GB程、とあるレースゲームが8GB、必要なソフトウェア(ドライバー含む)が2GB程。
計60GB程でちょうど半分となった。
※BF3の容量はアップデートにより増えていくので当時の容量は曖昧です。

2011年11月
最初は半分だけ使用していたが速度の低下が無かったので、3分の1ぐらい残せば大丈夫だと思い色々なゲームをsteamからダウンロード&インストール(20GB空きは40GB程になった)。

2011年12月~
ここからゲームをインストールしては空き容量が厳しくなり次第、削除の繰り返しを繰り返す。
10GB入れたら10GB消し、20GB入れたら20GB消し・・・を繰り返す。
これにより容量の半分に極端に負荷がかかり始めたと思われる

20012年1月16日
SSDのファームウェアを0309へ更新する。
これで5,184時間問題の可能性は無いはず。

2012年2月~3月
BF2のMODのProjectRealityを長時間プレイするとブルースクリーンが発生。
表示された画面からメモリー関連のトラブルと判明し、memtestをしてみるも問題なし。

2012年3月5日?
Minecraftを購入。
Minecraftで水中にもぐるとかなり高い音(キーンって感じ)をSSDから発生することに気付く。

2012年7月11日
SouceFilmMakerの必要容量を見間違えそのまま入れたら空き容量が一時4GBになった。
あわてていつものようにひとつゲーム(10GB)を削除。
そのとき念のためにCrystalDiskInfoとMarkを使って確認してみたが「正常」と表示され、速度もReadが490程度で変わらなかった。

2012年7月13日
とあるゲーム(10GB程)を貰う。いつものように適当なゲーム(10GB)を削除した。

2012年7月16日
256GBのSSDを買おうかと模索し始める。

2012年7月17日
猛暑が続く中、この日の最高気温は32℃、室温は36℃を超えていた。
家に着きいつも通りPCのスイッチをつけると、いつもと同じように高速に起動する。
そしてデスクトップが表示された瞬間、反応が無くなった。

一般的には「普通に使っている分には壊れない」と言われるSSDですが、どうやら私にとっての普通は普通ではなくかなりハードな使用方法のようでした。壊れた原因の推測は書き換えの頻繁な60GBの部分で何度もゲームをインストールとアンインストールを行ったため。一部分に極端に負荷がかかったため壊れたと考えている。

現在はPX-256M5Sを使用しており、メモリー問題と思われていたブルースクリーンも無く、SSDから聞こえる高い音も無く、空き容量も半分以上(140GB)とっていて快適です。

この体験から私はSteamなどの容量を喰うゲーム管理ソフトはHDDにインストールしました。
SSDの寿命を長くするためにTEMPフォルダやブラウザのキャッシュをRADディスクに移動する方法がありますが、私のようにインストールと削除を繰り返すほうが遥かに負荷がかかります。私のようなヘビーユーザーの場合はまず大容量なゲームをしっかりと管理しなければ意味がありません。ただしよくプレイするBF2とBF3だけはSSDへインストールしています。あとダウンロードしたファイルを一旦HDDに保存するようにして、負荷を分散するようにしました。

自分の中ではSteamでゲームを30本ほどしか持ってないのはPCゲームユーザーとしては普通、むしろまだまだ未熟と考えていたため『自分は普通』と思い込んでいました。しかしよくよく考えてみれば一般的なユーザーはSteamをインストールしているだろうか?ゲームをしているとしても数本だけではないだろうか?というか普通の定義はどこ?ゲームをせずオフィスと動画を見るくらいの人ではないか?と『普通』という言葉の曖昧さに悩みました。

事の発端は主観的な判断による決め付けにより、客観的な判断が疎かになったのも原因ではないかと思われます。

最近のSSDは容量単価がさらに安くなり、256GBモデルを購入すればほとんどのユーザーで問題が起きないでしょう。

SSDを導入している人は今一度自分の使い方が『普通』『一般的』『ノーマル』なのか良く考えてみてください。
スポンサーサイト

テーマ : 自作パソコン - ジャンル : コンピュータ

14:35  |  PC関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。